製品サポート

製品別サポート情報:薬鑑バージョン共通

ご購入前のよくあるQ&A

持参薬鑑別システム「薬鑑」 Q&A

■データ更新/■データの書き出し/■院内採用薬/■検索/■印刷/■その他

■データ更新

Q:年数回のデータ更新はあるのでしょうか?
Q:データ更新時に更新料金が発生しますか?
----------
A:薬品データ更新の概要は、以下のようになっています。
◎新薬データ内容 : 次期バージョン発売(毎年10月予定)までの期間に発売される保険薬のデータほか、全薬品情報を最新データに更新します。
ただし、内服薬・外用薬のテキストデータのみ。 (薬品画像除く)
◎予定更新回数 : 毎年1月、4月、7月の3回実施。
◎無償の提供期間 : 次期バージョンの発売までに限っています。
◎入手方法 : 提供時期ごとに弊社のホームページからダウンロードしてください。  ◎システム条件 : インターネット接続可能なPC。
   なお、弊社ユーザ登録にて、「薬鑑」の登録をされているユーザ様へは、更新時にE-mailにてご案内いたします。※必ずE-mailの登録をして下さい。

Q:別のPCから更新データをダウンロードして、そのデータを取り込むということは可能?
A:はい、可能です。ダウンロードしたファイルでのアップデート作業は、ローカルPCで行います。

■データの書き出し

Q:エクスポート可能な項目(例えば、一般名、識別コード)はどのようになっていますか?
Q:エクスポートは検索した薬品のみが対象ですか?全薬品のエクスポートも可能ですか?
Q:薬品詳細の内容を、テキストファイルとして厚生労働省コードを付加したもので取れますか。写真画像も同様に。
----------
A:下記データは、csv形式のテキストデータへエクスポートできます。
◎薬品詳細の内容 / ◎薬品検索結果の内容 / ◎「薬品鑑別書」「持参薬鑑別表」「薬品詳細レポート」「一覧表レポート」等の内容 / ◎採用薬リストの内容
出力したテキストデータは、メール本文や電子カルテ本文でコピー&ペーストの利用が可能です。(※ただし、会社マークと写真画像は書き出し不可です。)

■院内採用薬

Q:SUNET_QD(Ver.1.5)の採用品登録のコンバートは可能ですか。
Q:採用薬管理は、採用薬品の厚労省コードやYJコードを取り込み・登録ができますか?
----------
A:院内採用薬登録機能があり、一括で以下のデータを取り込む機能もあります。
◎SQD採用薬ファイル(SAIYO.DBF) / ◎YJコードリストやくすり55検索の採用薬リスト(*.csv) / ◎薬鑑採用薬リスト(*.saiyo)

Q:院内採用薬などの設定を次年度版にも引き継ぐことは出来ますでしょうか。
----------
A:はい。以下のバックアップとリストア機能があります。
◎採用薬データ/◎ユーザーメモ・ヘッダリスト・ドキュメント

Q:院内採用薬の同種同効薬が閲覧できるか。
----------
A:はい。検索して鑑別書・確認表にリストアップした各薬品について、◎「同成分」◎「同薬効」◎「同薬群」を一括検索します。
採用薬と非採用薬の両方についてリストアップ可能。

■検索

Q:複数の薬品を選択し、それぞれの薬品詳細を表示させる場合、1つを表示させた後、もう一度前の画面に戻って別の薬品を選択しないと詳細表示されないのか。
----------
A:いいえ。薬品詳細画面では、選択された複数の薬品をタブ形式で一括表示します。

Q:同成分を調べる際にジェネリックも含めて一覧で比較できるか。
A:はい。表示項目に「後発品」があり、[後]マークが表示されます。

Q:患者ID検索で過去のものが見られるか。
A:ドキュメント管理機能があり、保存したデータを検索・再表示(編集加工も可)できます。

■印刷

Q:印字フォーマットはどんな種類があるか?
Q:鑑別した薬品の用法・用量と効能効果を印刷できるのでしょうか?
Q:報告書作成時に、フッター部分に薬剤師名が入るか?
Q:鑑別報告書ではモノクロ印刷が多いので、画像なし印刷ができるか?
----------
A:印刷できるフォームには、次のようなものがあります。
◎くすりの詳細/◎鑑別報告書/◎持参薬確認表/◎採用薬一覧/◎検索結果の一覧レポート/◎副作用用語事典など。
※頭書きや印刷項目を選択・削除しながら、さらにデータ内容も編集可能。

Q:持参薬確認表に写真もしくは識別コードも印刷されるか?
Q:持参薬確認表で、持ち込み数量を日数に変更すること出来ますか?
----------
A:現在の持参薬確認表では、写真画像は印刷できません。画像が必要な場合には「鑑別報告書」をご利用ください。
持込数量から日数を自動算出します。なお、用法用量や持込み数量の入力欄は自由入力です。

■その他

Q:副作用用語事典は他への転用が可能か。
A:一つの用語について、テキストコピーと印刷が可能になっています。

Q:「薬鑑」のサンプルはありますか?
A:現在は用意しておりません。

Q:LAN対応・運用は可能ですか。
A:いいえ。現在はスタンドアローンのソフトウェアです。

Q:ライセンス販売はありますか?
A:はい。5ユーザから販売を行っております。

Q:医薬品集の機能も期待しています。
A:医薬品集の作成機能を搭載していません。
採用薬一覧の印刷では、印刷項目の選択や項目別ソートが可能です。また、データ内容も編集可能ですので、ユーザ運用で可能と思われます。

ページトップへ