製品サポート

製品別サポート情報:新・東洋医学辞書V7

生薬電子事典Q&A

Q1)辞典ウィンドウを大きくしたい
Q2)辞典ウィンドウ内のスクロール方法は?
Q3)エクセルに画像を貼り付けするには?
Q4)辞典ウィンドウを常に表示しておけるか?
Q5)ENDキー検索で「該当する辞書がありません」となるが?

Q1)辞典ウィンドウを大きくしたい

マウスでウィンドウの横幅を広げてください。
(天地:上下は伸ばすことができません。)

Q2)辞典ウィンドウ内のスクロール方法は?

マウスでウィンドウのスクロールバーをクリックしてください。
(マウスホイールのスクロールには対応していません。)

Q3)エクセルに画像を貼り付けするには?

一度、ワードパットやWordに貼り付けた後に、画像を選択コピーして、Excelに貼り付けてください。

Q4)辞典ウィンドウを常に表示しておけるか?

アプリケーションが非アクティブになると電子辞典はいったん閉じるので、画面を残したままにすることはできません。
辞典ウィンドウを表示したアプリケーションをアクティブにする、という画面切り替え操作を行って使用してください。

Q5)ENDキー検索で「該当する辞書がありません」となるが?

例えば、医療辞書'08の[薬品名省入力データ]がセットされている場合、「にんじん」と入力すると、推測変換候補(ツールチップ)の「つむらの生薬ニンジン」が検索キーになってしまいます。
このように、ENDキー検索の場合には、用語によっては、推測変換候補の用語とぶつかってしまうことがあり得ます。
その場合には、推測変換候補一覧からENDキー検索でエラーが出た用語を選択して一旦、文字変換の確定をしてください。次回からはENDキー検索がスムーズに行えます。

★以下の手順で、推測変換候補(ツールチップ)から電子辞典を検索しないようにもできます。

1.ATOKパレットのメニューからプロパティ(環境設定)を起動
2.[入力・変換]タブの左メニューで、入力補助-特殊を選択
3.右側の設定一覧のリストの一番下にある「ツールチップで表示される推測変換候補から電子辞典を検索する」のチェックをオフ
4.[OK]ボタンをクリックして、プロパティを終了


ページトップへ