製品サポート

製品別サポート情報:新・東洋医学辞書V2

「QL外字フォント」から「ユニコード辞書」へ移行されるユーザー様へ

「ユニコード辞書」は、パソコンの扱っている文字コードの「ユニコード」を利用しています。パソコンでは従来、日本語の文字コードをシフトJISコード中心でした。そのために、東洋医学用語で使うような特殊な漢字はそれにないゆえに「外字」コードを利用しておりました(代表的な例として「QL外字」)。Windows2000以降からユニコードが使われるようになり、それに伴い特殊な漢字も「ユニコード」であれば扱えるようになってきたわけです。
「QL外字フォント」製品で作成した文書は「シフトJISコード」ですので、これを「ユニコード」に変換(コンバート)すれば、旧文書もご利用可能になります。

【操作方法】
「QL外字フォント」製品には「ユニコード変換プログラム」を添付しています。CD-ROM内の¥SjUnconv の setup.exe からインストールして作業を行ってください。(詳細はCD-ROM内の¥Manual の ユニコード対応.pdf をご覧ください。)[8ページから11ページ]の簡単な説明

1.準備として「QL外字フォント」製品で作成した文書を「テキスト保存」します。
2.保存したファイルをコンバートします。
2-1.ユニコード変換プログラムを起動
2-2.コンバート元とコンバート先のファイルを指定
2-3.「Unicodeへ変換」ボタンを実行

※注意)ユニコード非対応文字(QL外字には存在するがユニコードに存在しない文字)があることです。その場合には、変換後の文字を「&S××××」というコードで表示しています。

ページトップへ